公園に行きました。

泣ける景色と遭いました。

お母さんが携帯をいじってました。

子どもが手を振ってました。

お母さんは応えませんでした。

子は遊ぶ事をやめ、ゲームを始めました。

「帰る?」

「うん、帰る」

「・・・」

空いたベンチに次のお母さんがやって来ました。

次のお母さんも携帯ばかり見てました。

その次も、また、その次も携帯ばかり見てました。

公園のお母さん全員が携帯ばかり見てました。

小さな画面に何があるのですか?

顔を上げて下さい。大きな空があります。子どもが手を振っています。

お母さんはどこですか?

子どもが手を振っています。


*説明*
怒りと暗示を込めて分かりやすいオブジェを造りました。
デジタル機器が母性を越えちゃいかんと思います。母性は人間最後の砦、ひとの未来が続く事を祈ってます。

*募集*
作ったはいいものの凄く邪魔です。一刻も早く撤去したいので、こういうモノを公募している、もしくは展示したいという方がいらっしゃいましたら是非お知らせ下さい。
動画以外にも写真を用意してます。(下に6枚)
阿蘇カラクリ研究所のページに戻る