スイッチでサッと動画を流すシステム
博物館とかで見た事ある人多いと思いますが、スイッチを押したら動画が流れるシステムがあります。「家康」とか「信長」とか「秀吉」とかいうスイッチがあって、それを押すとスイッチに応じた説明が流れるアレです。
「アレどうやって作ってんだろ?」
詳しい人に聞いたら裏にパソコンがあるらしく、インターフェース基板というのを専門の業者が作ってるそうです。
「ソレどこで買えるの?」
聞いたけど教えてくれず、組み込んで出すから「その基板だけ」ってのは市場に出回らないそうです。
「ないなら作ろう」という事で弱電のプロに作ってもらいました。



プロは最初「簡単にできる」と言ってたけど、ノイズで誤動作したり、すぐ止まったり、いろいろ問題だらけで、かなりの時間をかけ試作基板ができあがりました。
その試作基板を使って展示会用マシンを2台作り、現在運用中ですが、いい感じに故障なく動いてます。
「よーし、これなら使える」
という事で基板の仕様を固め、まずは10枚作りました。これがその基板の仕様(マニュアル)です。
ザっと申し上げ以下の事ができます。

 スイッチ(接点)で動画再生します
 31種類の動画を格納・選択できます
 出力はHDMI、フルハイビジョン対応です

つまり、スイッチ・モニター・この基板があれば博物館で見るアレが作れるという事です。

例えばショーウィンドウにスイッチを設置し、ガラス越しにモニターで商品説明する事ができます。
例えば聞かれる事が凡そ決まった案内所で受付嬢の代わりに動画で応える事ができます。
例えば展示会では人を充てずにモニターだけ置いとく事ができます。
歴史の説明など長い動画はチャプター分割し、見たいところだけスイッチ再生可能です。
記憶媒体はUSB。大容量もぜんぜんイケるから待合所などで時間潰しの動画をたっぷり流せます。またスイッチ始動だから延々流すでなく、見たい人が見たいところをパッと流せます。
モニターの裏に貼り付けてしまえば基板の存在を忘れてしまう小ささです。

値段は基板だけなら29800円(税込)です。こちらのページをご覧下さい。

スイッチで再生するだけのシステム売りなら8万円以下です。こちらのページをご覧下さい。

この基板、最低10枚は作らないと僕も弱電屋も大赤字だったのでムリして10枚作りました。よって、この10枚が吐けるまで設計費や動画制作費など、僕の時間で解決できるところはお安く対応致します。是非ご相談下さい。

ちなみに僕はスマホを持ってないので「動画を持ち運べるカバン」を作りました。「スマホと何が違うんだ?」ってよく聞かれますが、それ即ち存在感です。
「ペタペタしたスイッチなんて押せるかー!パチッ、もしくはカチッて押さなきゃ押した気せーん!」
「小さい画面で動画見たら人間まで小さくなろがー!俺は10インチ以下の画面は見とうないし見せたくない!」
気が合いますね。この基板はパチッて押せるしハイビジョン出力(HDMI)なので40インチの画面でもキレイに流せます。

活用事例は以下に載せます。是非ご検討下さい。


事例1:動画を持ち運べるカバン


トップページに戻る