阿蘇カラクリ研究所(アソカラ)

お蔵入りした設計製作事例集(201〜300)
(251)中荷重用スイングテーブル
実験がしたく、こういうモノを作りました。実験は数秒で失敗に終わりました。大赤字でした。
「こんな事をしてるから僕の生活は豊かにならない!」
数秒でゴミは悔しいので転がってたエロ助の顔をスイングして遊びました。
「悔しい!悔しいけれど面白いじゃないか!面白いぞ!豊かな時間をありがとう!」
人生について考え始める年頃です。スイングの動画はこちらをご覧下さい。
(250)なんちゃってクリーンルームの製作
かなり巨大なクリーンルームを作りました。図面描いて、フレーム組んで、ビニール貼って、FFU乗せて、二重カーテンの入口作って、エアシャワー置いて・・・。
工程は本格的ですが、その全てがなんちゃって品質です。
(249)灰ふるいプルプルマシーンの実験
近所の坊様曰く、香炉に線香を刺す時スッと刺さらないとイラッとするそうです。原因は「線香やマッチが燃えきらず灰に残ってしまうから」だそうで、定期的にふるいにかけるそうです。
「この作業がマジで疲れる!たまにしか使わんけど楽にふるえるマシン作って!」
灰の事なんて今まで考えた事なかったので、まずは物性チェックの実験をしました。
「なるほど!」
やはり失敗しました。動画はこちらをご覧下さい。
(247)勝手に手作りハンドスピナー
 *漬物屋の子供にプレゼント!

クルクル回すだけのハンドスピナーというオモチャが流行ってるそうです。
「欲しい!買って!」
娘が言うので急いで作りました。が、欲しいモノとは違うらしく「いらん」そうです。
動画はこちらをご覧下さい。
(246)パラソルヘルメット「常に日陰の人」
 *呑み友達の還暦祝いでプレゼント!

あったらいいなをカタチにしたく開発に着手しました。なぜ今この世に存在しないのかよく分かりました。
開発レポートはこちらをご覧下さい。
(245)三輪バイク旅仕様改造
20万キロ以上走ったカブ50と何キロ走ったかよく分からない三輪原付を交換しました。立派な荷台があるので、リュック、テント、寝袋、シルバーマット、カセットコンロ、鍋、食器、焼酎、太陽光パネル、バッテリー、インバーターが乗るよう改造しました。
旅に出る準備は万端です。暇になったら即旅立ちます。
(244)エアフラッシュマシン
コンベア出口をセンサで見張って強烈エアを吹きかけます。蒸気に濡れたペットボトルの大事な部分をピンポイントで乾かすマシンです。
マシンの名前がいけなかったのか、僕を見つけた若いパートさんが「インチキ研究所」って叫びました。
「インチキ違う、カラクリです、エアフラッシュマシンを納品に来た阿蘇カラクリ研究所です、僕の事うさん臭いと思ってますか、思ってますね、まぁいいでしょう」
笑って流しましたが密かに傷付いた事を告白します。
(243)ラチェット付き銅管巻き取りジグ
超低速ブレーキ付き旋盤でテンションかけつつ銅管を巻くという職人作業がありました。
「職人辞めたからやってよ」
「やる」と返しましたが旋盤持ってないし加工屋も請けてくれません。仕方がないのでそういう感じの手回しジグを作りました。それを単管にガッチリ固定し、嫁と二人えっちらほっちら巻きました。
文明人が嫌がる一回こっきりの原始的作業が大好きです。夫婦の絆が深まって大満足です。
(241)ソフト及び立ち上げの仕事
歳をとるに従ってソフトの仕事と長期出張が億劫になり、二つ揃い踏みから逃げ回るようになりました。が、長女と次女のW入学で泣く泣く出稼ぎ仕事を請けました。
最初に困ったのはパソコン。XPしかなかったので新しいパソコンを買いました。これで環境のみナウくなったのですが僕の頭は依然オールド。ナウいマシンに必須のテーシーピーアーピー通信が意味不明で、何が分からんのか分からんまま仕事が終わりました。
(240)ジャストフィット眼鏡フレーム
僕の顔はラグビーボール形で眼鏡に向いてないそうです。悔しいのでアルミの針金を使ってジャストフィット眼鏡フレームを作りました。
残念。フィットし過ぎて着脱不能になりました。
(239)ダイナマイトおみくじに改造
「音だけダイナマイトスイッチ(製番194)をおみくじに改造せよ」という依頼を受け、一緒に文言を考えました。が、決まらず、後で出すという事でしたがやっぱり出ませんでした。やり手社長の現場における集中力は家には絶対持ち越せないという法則がありますので、こっちで勝手に設定し、強引に納品しました。これは手狭の強みですが、出さねば回らず勝手にジャンジャン進めます。
動画はこちらをご覧下さい。
(238)大地ねじ込み式 発電フレーム
太陽光パネルとバッテリーで発電蓄電し、山林設置の制御盤に電源供給するフレームです。固定にはスパイラル杭を使ってます。設置も撤去も楽々です。
設置場所は客先指定なのですが、なんと南側が山林、ほぼ日陰でした。ぽやっと発電してます。
(237)説明用に作った音声出力ボックス
入力を入れたらランダムで音が鳴る仕組をお客様に説明したのですが全く伝わらず「作って説明しちゃえ」となりました。15万円の仕事に15万円を使って説明するのは正気の沙汰じゃないと知ったのは作った後でした。動画はこちらをご覧下さい。
(235)病院用ドキドキカード払い出しボックス
医療系展示会に出展する運びとなり「何か作らんといかん」という事で診察券を入れる箱を作りました。「大吉が出たら医療費免除、中吉が出たら半額、そういう感じにすれば受付が盛り上がると思います」って言ったら「君は素人だね」って言われました。「はい100%素人です」
これ、せっかく作ったのに電源ケーブルを忘れ、一度も日の目を見ませんでした。動画はこちらです。見てやって下さい。
(232)加圧実験装置
加圧された環境でマシンが誤動作しないか実験したいという事で鋼管を用いた実験装置を作りました。
この仕事を経て、穴を開けて溶接したら歪んで組めない事を学びました。
加工屋は日曜休み、納品は月曜、サザエさんが終わった後の孤独な修正作業は僕を卑屈にさせました。納品後ムダに泊まってムダに遊んでビタ一文残りませんでした。残念。
(231)オフセットウインチ
屋上のパラペット(胸壁)に噛ませ、ゴンドラみたいなマシンを吊り、下からリモコンで上下させます。途中、障害物を避けるべく吊り下げ位置が400ミリ飛び出します。
これを作ったせいでビルの屋上に何度も上りました。私は高所恐怖症。生まれたての小鹿のように震え、色んな人が指差して笑いました。
「うけるー!あいつのとこだけ震度7!」
(230)汎用耐久試験機
対象ワークを指定のピッチで指定の回数ガンガンぶっつけデータを取りたいそうです。今後もそういう試験をやるだろうという事で汎用性を持たせた試験用制御ボックスを作りました。
タッチパネルでピッチと回数を入力後、スタートスイッチで試験開始。誰もいない時に黙々と試験するのでアラーム発生時はその内容を記録してストップ。
マジメな仕事もやってます。ただしザッとしてます。
(229)歩行速度警報装置+α
歩くスピードが遅かったら光と音で警報を鳴らすマシンです。工場改善の一環で、むろん客の発案なのに僕の発案と思われ、パートや工員にやたら叱られました。
「こらカラクリ!いらんの作るな!」
「誰が作った?またカラクリ?むかつくー!」
私は忠実なモノづくり屋なので言われた通りに作ります。ただし+αを付加します。今回は歓送迎モードと防犯モードを無料サービスしました。切断音と女性の悲鳴が闇夜の工場に響きます。満足です。
(228)段取り替え用ワンタッチガイド
コンベアを流れるワーク形状の変化にレール幅のネジ調整で対応されてました。「手早く替えたい」との事でしたので引っ掛けるだけのワンタッチガイドを作りました。一瞬で段取り替え終了です。
(227)ぽやっと温風発生器
ぽやっと優しい吐息のような温風を吐き出します。
「超小型」「外装ステンレス」「PTCヒータ」「マグネット固定」お客様の要望をギュッと詰め込んだ高級品です。
お気に入りマシンの凍結防止に活用されるそうです。
(224)後付けセンターガイド「かなえ」
動噴による農薬散布の際、リールをトラックの横に引っ掛けてホースをじゃんじゃん引っぱるそうです。
「途中で絡まるったいね、試しにガイドば作ってよ」
農家のリクエストにお応えし、色んなガイドを作って実験してみました。
実験風景の動画はこちら、活用風景の動画はこちらです。
(223)レトロで巨大なカキ氷機の修理
 *南阿蘇の喫茶店にプレゼント!
「動くか分からんけどカキ氷機いる?」
「いる」と即答。取りに行ったら一人で持てない巨大なそれで、まずはキャスター付けました。モーターも生きていて、ベルト周りを調整し、油をさしたらスムーズに動くようになりました。修理したのはいいけれど、この巨大なモノを年に何回使うでしょう。
何でも貰って山築き、「ゴミの山」って言われ、「違う!宝の山!」って返すのは福山家の伝統です。
(222)樹脂板連結R曲げパーツの製作
R曲げパーツの図面を描きました。が、予算が合わんという事で自分で曲げる運びとなりました。
木型を作り、家庭用オーブンで熱し、押し付けて曲げました。熱いのは苦手なので嫁に任せました。
隣で見ていて段々上手くなる嫁が誇らしかったのですが、上手くなった頃、仕事が終わりました。
動画はこちらをご覧下さい。
(221)握力低下対策グッズの改良
「こういう道具を作って筋力低下に抗いたい」
その方は難病ALSと闘っておられ、何が何でも復活すると言われました。
カラクリ屋は病に対し無力です。できる事は何もないのですが、ザッとした改良は得意です。パッとありあわせで改造し、サッと現品合わせで調整しました。
頼られる道具屋さんになりたいです。
(219)赤レールをゆく「繁盛列車」
熊本地震の影響で南阿蘇鉄道が長期運休になりました。「これはいかん」という事で、日に日に赤くなる線路のサビを払うべく繁盛列車を走らせました。名前の由来は凡そ半畳、南郷谷の繁盛祈って繁盛列車です。
久しぶりに聞くガタンゴトンの音に沿線の住民が手を振ってくれました。大人も子供も「幸せだなぁ」って芯から言いました。どうぞ叱らないで下さい。
動画はこちらをご覧下さい。
(218)産廃系雑貨「SanPai+」
チャリティー用の粗品製作を依頼され、気合を入れて色んな種類を大量に作りました。名前を横文字にすればちょっとはナウくなるだろうと思いましたが、ぜんぜんナウくなりませんでした。
詳細はこちらのページをご覧下さい。
(217)情熱ハミングシステム
「トイレに入るお客様をセンサで捉え、情熱的ハミングを流したい」という依頼がきました。最初は依頼通り僕のハミングで音源を作ったのですが、あまりの気持ち悪さに関係者悶絶。男女兼用トイレに設置という事もあって大幅修正しました。
依頼主曰く「トイレいっぱいに情熱ハミングを響かせたい」との事なので、是非、音に合わせてハミングして下さい。
動画はこちらをご覧下さい。
(215)しゃっくりストップマシーン
 *南阿蘇のYショップにプレゼント!
お医者さんとの呑み会で「しゃっくりにビックリは効くのか?」という話題が出ました。
「カラクリ屋!検証マシンを作れ!」
少し盛り上がったので何気に本気で作りました。無駄遣いの本気です。動画はこちらをご覧下さい。
他にも色々遊べる機能を付けました。一人遊びはこちらで、二人遊びはこちらです。
(214)手動式フードカッター
「こういう感じのマシンが欲しい」
「なるほど、こういうのはどうです?」
「いいねぇ!」
雑談を経て作ったのですが、本当に作り始めたら「いらん」と言われました。最近そういう事ばかり。分かっちゃいるけど作りたいに逆らえない。そう、僕はフライングマン。
動画はこちらをご覧下さい。
(213)支援学校用直線往復構造の試作
「こういうのを作って!」
一枚のイラストを頂きました。じっくり見ましたがサッパリ分かりませんでした。とりあえず図面を描きました。先方も図面を見るのが初めてでサッパリ分からんそうです。仕方がないので物を作って物を見ながら話す事にしました。
こういう仕事は赤字確定ですが依頼者の熱に完敗です。大企業が絶対やらない事をやりたいです。
動画はこちらをご覧下さい。
(212)夜間特訓用LED投光器
テニスの教え子(中学生)が夜間特訓をやると言うので専用投光器を作りました。消費電力90W。手製の蓄電器(製番161)で10時間以上光ります。
「よーし!特訓やるぞー!」
「ナイター設備があるのでいりません」
僕はいつでも空回り、カラカラカラカラ空回り。誰でもいいから心のドアをノックして下さい。 *長渕剛「順子」
(210)スープウォーマーの修理
 *人吉のスナックにプレゼント!
スープウォーマーの残骸を拾いました。おでんの保温に最適だと思い、ヒーターを交換し、復活させました。けれど出すのが面倒で1回しか使いませんでした。その1回に、たまたま居合わせたスナックのママが「タダで呑ませるけん、それ頂戴」と言うのであげました。タダで呑めて良かったです。
(209)寝ながらDVDホルダ
寝ながらDVDを見ようと久しぶりにポータブルプレイヤーを出しました。横に置いて見てたのですが、ヘッドホンが邪魔で首が痛く、映画に集中できませんでした。仕方がないので専用ホルダを作りました。作って分かったのですが、ポータブルプレイヤーは逆さにすると再生できないみたいです。ギャフン。
(208)薄物フィルム包装機 Long ver.
薄くて長い物をフィルム包装するマシンです。5年前に同じような機械を作りました。それの長いバージョンです。
5年という時間は短いようで長く、原始的な部品が手に入りにくくなっていて、ムダにタッチパネル化しました。弊社も近い将来そういう部品になってると思います。
(207)重量物用回転台「コミット200」
思い付きと勢いで耐荷重200キロの回転台を作りました。作った事を猛烈に後悔してます。出来上がるまでの色々はこちらのページをご覧下さい。
左はインターネットの有名人(東京の人)が札束風呂を回した時の写真です。色んな物を音楽付きで回せます。
(206)パウチ食品搾り出し器の試作
パウチ食品をムギューっと搾り出したいらしく、こういうモノを作ってみました。
簡単そうなモノほど意外と難しくビジネスになりにくいというのは業界の噂。
人がやらない事をやりたいです。
(205)壁面検査機「スパイダー\」
這いながら自走し、壁面検査をするマシンです。シンプル且つ大胆、それでいて、ちょっと動きが気持ち悪いです。
うまくいったらいいなと祈ってます。
(204)病院専用汚物回収台車の試作
「これがこうだったらいいのに!」というモノへの改善要求は病院にもあるらしく、あんまり材料費のかからぬところから試作品(叩き台)を作ってみました。
初めて病院に乗り込みましたが、段違いに綺麗好きという事以外は(工場設備と)たいして変わるところもなく、やれそうだと思いました。カイゼンは瞬発力が命。抜群の反応で試作品を提供したいと思います。
(202)同期投入システム「理想のひと」
4つのベルトコンベアに指定のピッチでワーク落とします。それぞれにワークを落とせない事情(ワーク切れとか)が発生してもピッチだけは絶対に乱さないというマイペースなシステムです。
ピッチ音が大音量で鳴り響き、音に合わせて組立作業を行います。指定の個数を落としたら静かに電源も落ちます。
協調性があって、自己主張が弱く、引き際がいい。まさに「理想のひと」です。
(201)手作り回転台で回転寿司大会
1200mmの丸天板を低速で回しました。
少年少女、凄く盛り上がり、大いに楽しめたのですが、なぜか大人だけ目が回りました。皿やコップも置けず、酒を呑むには最低最悪。年に一度でじゅうぶんです。
動画はこちらをご覧下さい。

設計製作事例集に戻る

トップページに戻る