生きる醍醐味

生きる醍醐味

第156話 酒場で聞いた夫婦の話(2023年8月) 5KB NEW!

嫁子供が帰省して僕一人の生活が2週間も続いた。暗い家に帰るのは嫌なので人の家に泊まったり呑み屋に泊めてもらったり、努めて家に帰らぬようにしてたら一人の中年につかまった。行き付けの呑み屋でたまに会う人で歳は僕より少し上、50歳くらいか。大企業...
モノ

第155話 全集中とスマホ(2022年4月) 4KB

四半世紀前か、治工具設計を学んだ際「モノの誉は単機能」と教わった。「一つの機能に集中せよ、他は考えるな、考えたとしても単機能が極まった後それを展開すればいい、何やかんやで単機能が無敵」作り手の話だと思ってたけど最近は使い手にも言えるなとスマ...

第154話 沁みてた説教(2021年12月) 4KB

中学から通い続けた床屋のオヤジが店をやめ2年になる。一時やめたかやめてないのか分からない時期があって、オヤジが死ぬまで浮気はしないと急場をしのぐバリカンを買った。で、嫁に刈ってもらい、あれよあれよと2年になる。その嫁が「あー失敗したー!床屋...
家族

第153話 菜穂のサンキュー(2021年11月) 13KB

我家にはサンナナ旅行という儀式がある。娘が三歳七ヶ月の時に父と関西へ二人旅するというもので、これを境に幼児から児童になるらしい。「らしい」と書いたのには理由があって、三女と四女が12歳差。つまり干支一周、12年ぶりの儀式で、そんな儀式すっか...

第152話 K老人と葬式(2021年9月) 7KB ☆

テニス仲間のK老人が亡くなった。78歳だそう。高校まで南阿蘇で過ごし、それから製鉄の仕事で北九州や大分を転々とし、定年後に南阿蘇へ帰ってきたらしい。それからは軟式庭球の老人として有名だ。地元に恩返しがしたいという事で中学校のソフトテニス部コ...

第151話 気になる気の話(2021年5月) 4KB

幸せ研究家は自分が幸せになる事ばかり考えてる。で、中間報告をしたい。幸せの要諦は気の具合にあると思ってる。気と言っても気功とかスピリチュアルの氣とは違い我々が何気なく使ってる気分の気だ。人間には生まれながらに備わった陽気陰気のレベルがあって...

第150話 老人の日本語(2020年5月) 5KB

物事を複雑にしたがる人には必ず裏がある。税務と労務を見るといい。難解な日本語の羅列で物事を複雑にし、そこに仕事を作り、役人が天下る仕組を作った。何と頭がいいのだろう。いいのか悪いのかよく分からないぐらい頭がいい。更に言いたい。ポッと出の横文...

第149話 走れヒロノリ(2020年1月) 19KB

中学時代の同級生が徳島にいる。昨年4月から転勤で行ってて今年3月には離れると言う。それはまずい。必ず遊びに行くと約束していて、他の同級生もみんな知ってる。「あいつ徳島来た?」「来る来る言うて結局来んかった」「あいつ口だけやねー」そうなる事態...

第148話 昭和の残像(2019年12月) 7KB

男はつらいよ50周年を記念して過去の名作を映画館で上映するという企画がある。が、それは東京大阪の話で田舎の人間は行けないぞって思っていたら福岡でやるという情報を得た。それも昭和21年創業の古い古い映画館の一番小さなホールでやるらしい。「なに...

第147話 めくらのおっちゃん(2019年11月) 4KB

ふと思い出し、ムダにイライラしている。小学校の頃、通学路に「めくらのおっちゃん」と呼ばれる目の不自由なおじさんがいて飴をくれるからしょっちゅう遊びに寄った。それがなぜか地域の問題になって学校でビンタ三発打たれた。一発目は「めくらのおっちゃん...